F**k u bitch!

じかんをください

プロフィール

Luna

Author:Luna

ボクはずっと腕毛を見てきて思う事は
いや~!ずっとパーカーを見てきてね
角刈りめがねをずっと追いかけてきましたけど
ゴリラをずっと見てきたけどね

ゲーミングデバイス


最新コメント
counter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
作品
*M16skin[vmodに吸収]
(utusemijump,vipruvipmap)
*G3skin
(vipruvipmap)
*BlackHawkDown_skinpack
(現在非公開)
*P90skin
(vipruvipmap)
*RPG-7skin[vmodに吸収]
(vipruvipmap)
*Kar98kMod
(現在非公開,Sniper&国防軍Mod)
*For LowspecSkinpack
(現在非公開)
*ThirdPersonRealitySkinpack
(現在非公開)
*VietnamMod
(現在非公開
たまにテストしてる事もある)
+M16skin
+AK47skin
+XM177skin
+AKs47skin
+M14skin
+SKSskin
+M60skin
+LAW,RPG-7skin
+SoldierSkin
+GUIskin
+MapObjectpack
+3dllfile
///開発に関わっているmod///
*EastFront
(現状東部戦線Mod。
将来modではなく独立する予定)
需要があれば公開するかも
ギャラリー
Wellcome
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新記事
TOP > スポンサー広告 > ARtoolKit弄りPart.1TOP > Works > ARtoolKit弄りPart.1

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARtoolKit弄りPart.1   2009.05.17

ARtoolKit
ニコニコ動画とか見まくってる人は知ってるかも
ミクがいっぱい動画になってますがまぁ見たい人はググってください
開発元はGmaxを作ったSourceForge。

今回このツールを知るきっかけになったのはレナ缶の紹介があったから
Good Work DickHead!!! :-)

紹介されたのが10:30くらいで本当にモデリングツールを扱った時間を省くと30分くらいしか触ってない
ただこのツールはサンプルが充実しているしOpenGLやDirectXなどで表示できるから
予備知識があればすんなり入れる

さて、あらかじめ準備に必要なものは.NET2.0以降(必須)とVC++6以降(必須)
WEBcamera(必須)とそしてプリンタ(推奨)。
プリンタは本来必須だけど僕はプリンタとPCが遠いので今回は画面に表示することで解決。
fuckincool.jpg
こいつはサンプルなんだけどOpenGLで作られたボックス。
誰でも分かるような説明をするとWEBカメラでこのHiroと書かれたマークを探して
そのマークのx,y,zの傾き具合を計算してz辺の一番下の面を(ARtoolKitはzが縦軸)
Hiroとかかれてる白いスペースに重ねて表示させるという方法。
よって本来はダンボールなどに印刷したHiroをはらないといけない。
思いつきとネタのためにやっただけなのでプリントできる人はプリントしたほうがいいです
モニターを動かすなんてばかばかしい

さて、今回のこのARtoolKitのことだけど
これは表示するアプリケーションではなく表示させるために必要なソースコード
いや、サンプル集と言ったほうが良い
流れとしてモデリングした後にモデルデータをレンダリングできるようにプログラミングする
(ここでOpenGLを使うのかD3Dを使うのかWRMLを使うのかによって記述が変わる)
終わったらソースをコンパイルして実行すればよい
C自体はそう難しくないけどD3Dとかはすごくとっつきにくいから本でも買ってろってことですね

さて自分でモデルを表示させたくなったのでモデルデータをwrlで作り早速レンダリングできるようにする
ただVC++2008はコンパイル機能がおかしい(俺だけ)のでサンプルのモデルターゲットを変更するだけ
こっちはモデリングできれば簡単だね!
方法はData\object_data_vrmlとWrl\batファイルを書き換えれば良い
どう書き換えるかは恐らく分かるから省く
教えろksって人はIRCかなんかで呼べば教えるよ
それで結果は×
本来できるはずなんだけど今回失敗したのはどうもテクスチャの形式か
重くなるからアニメーションを省いたせいだろう
特にwrlはアニメーションを標準機能としているからボーンは必須だったのかもしれない
何が何でも表示させるまで戦うので次回はOpenGLで表示させようと思う
それでもだめならD3Dしかないな・・・

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。