F**k u bitch!

じかんをください

プロフィール

Luna

Author:Luna

ボクはずっと腕毛を見てきて思う事は
いや~!ずっとパーカーを見てきてね
角刈りめがねをずっと追いかけてきましたけど
ゴリラをずっと見てきたけどね

ゲーミングデバイス


最新コメント
counter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
作品
*M16skin[vmodに吸収]
(utusemijump,vipruvipmap)
*G3skin
(vipruvipmap)
*BlackHawkDown_skinpack
(現在非公開)
*P90skin
(vipruvipmap)
*RPG-7skin[vmodに吸収]
(vipruvipmap)
*Kar98kMod
(現在非公開,Sniper&国防軍Mod)
*For LowspecSkinpack
(現在非公開)
*ThirdPersonRealitySkinpack
(現在非公開)
*VietnamMod
(現在非公開
たまにテストしてる事もある)
+M16skin
+AK47skin
+XM177skin
+AKs47skin
+M14skin
+SKSskin
+M60skin
+LAW,RPG-7skin
+SoldierSkin
+GUIskin
+MapObjectpack
+3dllfile
///開発に関わっているmod///
*EastFront
(現状東部戦線Mod。
将来modではなく独立する予定)
需要があれば公開するかも
ギャラリー
Wellcome
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新記事
TOP > スポンサー広告 > DOS games part.1TOP > レビュー > DOS games part.1

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOS games part.1   2009.05.03

DOSゲーム
15年くらい前に盛んだったDOSプラットフォーム環境で動作する一連のゲームで
マリオやDOOM,simcity2kなど沢山のゲームがあった
グラフィックのレベルは一概にはいえず
ATARI2600レベルのものからNESやすこしいくとNintendo64レベルまである
またPCなので通信環境が確立され家にいても誰とでも遊べることで人気を博したゲームでもある

さて今回はそんなDOSゲームをレビューしようと思う
さてWinXPでDOSゲームを起動しようとしたら
このXPはsystem32がおかしくなっててこの中にあるアプリが起動しなくなってしまった
command.comから起動すれば問題ないがせっかくだしDOSのPCでレビューしたいと思う
DOS.jpg
コイツだ
機材がWEBカメラなので画質が悪いのは勘弁してくれ

さて何をレビューするか・・・迷うところだが
有名どころ(wolfenstein3dやdoom)をレビューしても分かってるよ!としかならないので
今ではマイナーなゲームをレビューしていこうと思う

さて今回はまずfalcon3.0だな
こいつはマイナーではないが多分忘れ去られた存在だろう
断っておくと中にはファンもいるだろうし余り大真面目にレビューを見ないでほしい
実際にリアリティゲームとして成功を収めた作品であろう

このコンバットシミュはアメリカ空軍の教官が携わったり
当時先駆的なグラフィックなどで衝撃を与えたゲームでもあった
falcon1.0からの3作目だが1.0はATARI2600みたいなグラフィックで単色に近い

さてF3.0は名前から察しても分かるようにF-16を題材としたゲームだ
行き過ぎた操作でブラックアウトしたりレッドアウトしたりする
ん~すごいな
じゃあ起動してみよう
dosstart.jpg
なんでdemoかって?製品版を買おうと思わなかったからさ
まぁそれはいいや
さてまず次の4つの選択肢のうちどれかを選ぶ必要がある
1、IBMスピーカーを使用
2、アドリブ
3、サウンドブラスター

4、DOSから終了する
さて基本的にどれでもいいのだが2を選べばいい
やりたくないなら4だな

ちょっとすると耳をレイプするような糞うるさい腐れた音楽とともに文字が出てくる
F16の戦闘機の画像にスペースで移動する
ゲーム画面やゲーム中の音楽は中々いい
サウンドが糞だ
そして操作の説明とかムービーとかを飛ばして
ゲームを始める。
リアリティは中々だがコイツの糞も中々だ
体験版だからかまずドットの表示が荒い
すごく荒いので解像度を落とさないと見てられない
ここは320x240の解像度でやろう
普通なら高解像度のほうが3Dゲームは綺麗に見える
もちろんそうなんだけどこっちはテクスチャがただただ荒く見えるだけだから
解像度を落としてワイド画面でプレイする
するとポリゴンで出来た戦闘機とmapが見える
falcon30.jpg
当時はすごいグラフィックだった

さてこのゲームは視界がいっぱい用意されている
どこぞのサイトでもF3.0製品版をレビューしていたがアレとは少々ちがうっぽい
こっちはあんなに機体がくっきり見えないし単色じゃない
なんでだろうな
さてどこが糞なのかどこがいいのかを並べていこう
Good:-)
・ゲーム性がリアル
・次々と高速描写される画面
・フル3D
・音楽がいい
これらは1991年に登場したゲームと考えると凄い事だった
FuckinBad:-(
・操作性が悪い
・ミサイルが発射されると操作がきかなくなる
・ミサイルか機銃か分からないエフェクト
・サウンドが最悪
サウンドやエフェクトはDOSゲームだから触れるのは少々酷かもしれない
操作性については個人の好みでもあるし評価する人もいる
だが2番目は致命的すぎはしないか?

F-16には背面のグラフィックも用意されている再現度は中々だ
たとえるとするとYSFSのそれだろうか
noGLのYSFSに地形を作って建物を消した感じ。
悪くはない
むしろ良い
あと3年後に出るTheNeedForSpeed(NFSシリーズ一作目)は
OpenGLを採用しており面と面のつなぎ目が滑らかになってて一層リアルになっている

敵機をコックピットが細くするとロックオン状態になるが
ロックオンしたときにHUDの色が変わることはない
普通はロックオンまでに時間がかかるので終わると赤くなるがこっちは音だけ
そして発射すると機体は固まる
操作もキーボードだから余り好きじゃない
だがしょうがない
DOSゲームとはそういうものかもしれない
本格的に作ろうとしすぎたゲームの体験版だが
製品版はどうなってるのかな

生憎DOSで使えるコントローラーを持ってないので操作性については忘れてもらいたい
それではpart1終了
次回はTNFSについてやろうと思う

お疲れ様でした

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。